事務所を契約する|すぐに仕事を始めたい!それならレンタルオフィスを有効活用しよう
ビルのイラスト

貸事務所を正しく借りるためのポイントを伝授

新しく起業をするなら

会社を大きくしたい、新しく会社を経営をするという夢を実現させるのはなかなか勇気がいることですが、前もって不明点を解決しておけば案外うまくいくものです。貸事務所は、事務所を増やす際や、独立して開業をする人たちにとっても使い勝手の良い方法です。しかし、貸事務所の賃貸契約をする際、個人契約が良いのか法人契約が良いのか迷う方もいるでしょう。そういった不明点はすぐに解決しちゃえば、安心して利用ができるようになるのです。

自分で借りるか会社で借りるかの違い

個人の場合

個人事業主で事務所を持つと、仕事とプライベートをきっちり分けられるというメリットがあります。しかし、賃貸事務所の契約面で言うと個人の場合は収入がどれくらいかを証明する書類などいくつかの書類を用意し、厳しい審査をクリアしなければなりません。また、借りる際は連帯保証人になる人をきちんと見つけておく必要もあるでしょう。

法人の場合

貸事務所は、賃貸マンションを借りる時と同じように賃貸契約を結びます。もちろんその前に審査があり、貸しても問題ないのかを調査していくのです。その審査が通りやすいのが、法人契約です。どちらかというと、法人の方が信用度が高いので、借りやすくなるというメリットがあります。

事務所を契約する

ウーマン

連帯保証人について

大阪で貸事務所を契約する際は、会社であれば代表取締役社長などが連帯保証人になるのが常識になっています。反対に、個人で行なうのであれば、契約者本人が保証人になることは不可能なので、親や親せき、友人などの連帯保証人が必要となるでしょう。

押さえておくべきこと

締結をする時に特約になっているのが、会社を企業した法人が締結の対象者という項目を掲げておくといいでしょう。また、注意点として、貸事務所を大阪にある不動産会社のスタッフから紹介されたらどのような契約ができるかを調べておくべきです。

お金に関して

大阪に会社を設立をしてから契約書に定められている特約に従って、契約をスタートすることができます。そして、最初の段階で保証金や敷金を支払っている場合は、改めて支払う義務はないので、貸事務所を借りる際はそのことを気を付けるといいでしょう。